第6回大会(2016年)

メイン・スポンサー

(一社)豊岡鞄協会

テーマ

メインテーマ:地域ブランド「豊岡鞄」の販売促進策

特別キャンペーン:鞄産業で働き、豊岡で暮らす若者増加推進

※メインテーマ、特別キャンペーン両方の提案


入賞校(1~3位)

1位:神戸市外国語大学

2位:関西大学

3位:法政大学

特別賞:公立鳥取環境大学

概要
  • 参加資格
    日本の大学に在籍する学部生(留学生も含む)
  • 内容

    ① マーケティング・プランにSNS使用を含めることを推奨するが、強制ではない。

    ② プランのタイムラインを1年以内、売り上げ拡大目標10%、予算2,000万円以内とする。

    ③ 複雑な費用計算は必要ないが、プラン作成の際に念頭に置くこと。

    ④ 日本国内市場でターゲット顧客を決めること。海外市場で選ぶことはできない。

    ⑤ 既存の製品の値段・色・デザインなどの詳細を変更すること、新しい商品を提案することはできない。

    ⑥ プラン作成時に、以下の3点(或いは4点)に明確な答えを提示できるよう念頭に置くこと。

    01.  顧客ターゲット
    「豊岡鞄」のターゲットにはどのような人がふさわしいか。

    02. 動機付け
    なぜ「豊岡鞄」を購入すべきか。効果的で印象に残るメッセージを通じて伝えること。

    03. 販売促進法
    「豊岡鞄」の宣伝・販促のためにどのような方法を採用すべきか。宣伝例も発表に含めること。

    04. SNS
    (SNSを採用すると決めた場合には)Twitter、Facebook、Youtube、LINEなどをどのように「豊岡鞄」の宣伝に活用するか。

    ⑦ 予選審査から決勝大会の間に、発表の仕方・プラン内容に磨きをかけることは許されるが、全く異なるものへの変更は認められない。

    ⑧ インターネット上で展開されるキャンペーンを想定し、1. 具体的なメッセージと 2. 宣材(SNS投稿)の具体的アイデアを提案すること。

  • 形式
    ① 1 チーム 3~4 人。使用言語は英語(質疑応答含む)。

    ② チーム全員がプレゼンターとなり、1人1回は必ず発言すること。

    ③ メインテーマ14分以内、特別キャンペーン1分以内、合計で最長15分とする。
     ー タイムキーパーは警鐘を3度鳴らす(13分、14分、15分経過時)。
     ー 2度目の警鐘で(或いはそれまでに)メインテーマの発表を止め、特別キャンペーンの発表を始めること。      
     ー 3度目の警鐘で司会者が直ちに発表を止めるよう知らせる。

    ④ 決勝大会ではこれに加えて質疑応答(5分)を行う。
     ー どの審査員が質問しても良い。
     ー どのメンバーが質問に答えても良い。

  • 審査基準(100点満点)

    内容(プランの独自性、創造性、実現可能性):30点
    発表(自信と情熱、英語力、メンバーの連携):30点
    視覚資料(PowerPointの構成、PowerPointの効果):20点
    質疑応答:10点
    特別キャンペーン:10点

  • その他
    メインスポンサー(豊岡鞄協会)への直接の問い合わせを禁止する(横浜市・堺市開催の鞄フェア開催時を除く)。全ての質問は、大会事務局にメイル連絡すること。

Marketing Competition Japan 2021

-----MCJ2021 / 全国大学生マーケティングコンテスト2021の公式ホームページ-----神戸市外国語大学発のプレゼン大会|ユニークなビジネスプランを英語でプレゼン